これから家づくりをお考えの方は、家の内装や間取りについて色々と決めていくと思います。
その中でも、「ウォークインクローゼット」というものをご存じでしょうか。
こちらがあるだけで、収納力が大幅に上がります。
そこで今回は、このクローゼットのメリットデメリットと注意点についてご紹介します。

□ウォークインクローゼットのメリットデメリットについて

ウォークインクローゼットのメリットとして収納力の大幅な向上が挙げられます。
もちろん、それ以外にもメリットがたくさんありますので、ここではメリットを2つご紹介します。

メリットの1つ目は、荷物の整理整頓が容易になる点です。
収納スペースを確保できるため、たくさんの衣類やそれ以外の荷物まで整理できるのが魅力です。
例えば、ゴルフバッグやキャリーケースのような大きい荷物でも収納できますので、場所を持て余すことがありません。

2つ目は、クローゼット内で着替えられる点です。
ウォークインクローゼットは、中で着替えることも想定されているので衣類のピックアップから着替えまで完結できるのは非常に便利でしょう。
わざわざ衣類を部屋まで持ってきて着替える必要がなくなります。

しかし、デメリットもあります。

1つ目は、クローゼット自体にかなりスペースを割く点です。
そもそもですが、ウォークインクロゼットを設置できるだけの余剰スペースが必要になります。
スペースに余裕がある人でないと設置するのは難しいかもしれません。

2つ目は、ある程度の予算が必要な点です。
やはり従来のクローゼットや収納スペースに比べると、予算がかかってしまいます。
ウォークインクローゼットをお考えの方は、予算に余裕を持たせておきましょう。

□ウォークインクローゼットの注意点とは?

実際にウォークインクローゼットを導入する際は、いくつか注意しなければいけない点があります。
特にこれから導入予定の方は注意しましょう。

*現在の収納法を把握しておく

例えば、普段からハンガーで衣類を収納している方がウォークインクローゼットを導入した際に、全部収納できないケースがあります。
なぜなら、広さ自体は取れているのにハンガーパイプの数が足りずにハンガーによる収納が不可能になってしまうからです。
畳んでから収納するのに慣れていない方の場合、逆に不便に感じてしまうでしょう。

ハンガーを使って収納する際はしっかりとハンガーを収納するゆとりがあるか、畳んで収納する際は収納スペースが足りているかのチェックを行いましょう。

*虫対策

意外と盲点かもしれませんが、ウォークインクローゼットにも虫がわいてしまうこともあります。
きちんと換気をしておかないと、虫のせいで服に穴が空いてしまいます。
換気扇や空調設備を整え、きれいな環境に保ちましょう。

□まとめ

ウォークインクローゼットのメリットデメリットについてご紹介しました。
収納スペースが広いため、その分注意しなければいけない点があるため、上記の注意ポイントを参考に、ぜひウォークインクローゼットを取り入れてみてください。
松山市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

これから家づくりをご検討中の方で、住みやすい家に住みたいとお考えの方は多くいらっしゃると思います。
せっかく住むなら住みやすい家に越したことは無いですが、住みやすい家を実現するためにはきちんと工夫が必要です。
そこで今回は、住みやすい家の特徴や間取りについてご紹介します。

□住みやすい家の特徴とは?

「住みやすい家とは具体的どのような家なのだろうか」
このような疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。
これから紹介するのは一般的に住みやすいとされている家の特徴ですので、ぜひ参考にしてみてください。

*断熱性・気密性が高い

断熱性とは、外からの熱を遮断する性能のことです。
これに密接に関連しているのが気密性です。

気密性とは断熱材がどれくらいみっちり詰まっているかのことで、高ければ高いほど断熱材が詰まっており断熱性も上がります。

例えば夏は日差しが強く気温も高いので、外からの熱が家中に入り込んできます。
冬だと、暖房で温めた室温が、外に逃げていきます。
断熱性が低いと、これらの熱の出入りが容易に起きてしまい、エアコンの効きが悪くなる可能性が高いです。
加えて電気代も跳ね上がってしまいます。

しかし断熱性が高いとこのような心配もないので、室温の急激な変動や電気代を心配することなく快適に住めます。

*動線の確保をする

動線とは、普段家の中で人が動くルートを線で表したものです。
そのため、生活動線や家事動線などに分別され、それぞれの動線を良くしないと快適性に影響してしまいます。

家事動線に関しては、家事をすることを想定して動きやすいスペース、間取り配置にすることが重要です。
生活動線に関しても、普段の生活で頻繁に使うルートを意識して間取りを考えてみましょう。

□住みやすくなる間取り

スペースの確保や間取りの配置のみでは住みやすい家にするのは難しいです。
そこで、住みやすい間取りの例をご紹介します。

1つ目は、ウォークインクローゼットです。
ウォークイン型のクローゼットは、収納力はもちろんのことながら、中で着替えられるのがメリットです。
大型の荷物を収納できるだけでなく、着替えスペースとしても活用できるのは非常に快適でしょう。

2つ目は、対面キッチンです。
対面キッチンは、リビングやダイニングと向かい合っているキッチンのことで、家族や子どもの様子を見ながら家事ができます。
加えて開放感も得られるのでおすすめのキッチンタイプです。

□まとめ

住みやすい家の特徴と、その間取りについてご紹介しました。
断熱性や気密性は室内環境に影響するので特に考慮することをおすすめします。
さらに、間取りの工夫をすることで住みやすい家に近づくでしょう。
松山市周辺で家づくりをお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

こんにちは、住宅事業部の菅です😊

10月1日(土)、伊予市にて地鎮祭を執り行いました。

誠におめでとうございます🎉

天気も良く、10月とは思えない暑さでびっくり💦

子供たちは元気よく走り回っていて、新しいお家での予行演習もばっちりです👍

この日が迎えられたことをスタッフ一同嬉しく思います!

お家がどんな風になっていくのか、今からとても楽しみです。

これから、打ち合わせなど引き続きよろしくお願いいたします(‘◇’)ゞ

最近は平屋の需要が高まってきており、2階建てではなくあえて平屋を選ぶ方も多いです。
平家は、土地選びの段階が重要だというのをご存じでしょうか。
ワンフロアにすべての間取りが集まるので、土地選びで失敗すると後の快適性に影響します。
今回は平屋における土地選びの重要性と間取りについてもご紹介します。

□土地選びが重要な理由とは?

では、なぜ土地選びが重要なのでしょうか。
それは「日当たり」に影響するからです。
日当たりが悪い家は、家の雰囲気が悪くなってしまうので、快適性が落ちてしまいます。
もちろん吹き抜けや窓の工夫などによって採光性を挙げることも可能ですが、まずは土地選びをしっかり行い、そこから必要に応じて間取りを工夫していきましょう。

そこで、土地選びの段階から考慮することが重要なのです。
「南側」が道路に面していると日当たりが良いと言われており、自然に日当たりを良くしたいのであれば南側が道路になっている土地を選びましょう。

ただ、そのように日当たりが良い土地は人気がありますので比較的費用が高くなることが多いです。
また、道路側から家中の様子が見えやすいというデメリットもあるので注意しましょう。

□日当たりを良くする間取りの作り方

もちろんですが、前提として土地選びがあります。
上記の内容に加えて、4つポイントを挙げていきます。

1つ目は、方角に関してです。
先ほどは南側がおすすめだと述べましたが、場合によってはそうでないこともあります。
きちんと、どの方角が日当たりが良いかを確認しておきましょう。
そのうえで、日当たりの良い方角にリビングなどの部屋を持ってくるのがおすすめです。

2つ目は、中庭を作ることです。
中庭は家の中心に作られる庭のことで、これがあることによって家全体に光が通りやすくなります。

日本で多いのは「コの字型」の中庭です。
加えて、中庭があると南向きの部屋を作りやすいこともあり、全体的に日当たりが良い間取りを作ることが可能です。

3つ目は、吹き抜けです。
吹き抜けは、天井が非常に高い部分にあるので、上からの採光性が抜群です。
また、開放感があるため限られたスペースの平屋でも広く感じます。

4つ目は、高窓です。
この高窓ですが、吹き抜けと合わせるとより日当たりが良くなります。
吹き抜けは、上の部分の空気が悪くなったりにおいがこもったりするので、それを解消するために高窓を使うのがおすすめです。

また、換気をするために高窓を開けておけば、上から新鮮な空気が流れて来て気持ちよく過ごせます。

□まとめ

日当たりの良い平屋を作るために、土地選びの重要性とポイントをご紹介しました。
土地選びの段階から日当たりを考慮しましょう。
また、間取りの工夫をすることで、日当たりだけでなく今後の快適性にも繋がります。
松山市周辺で平屋の購入をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

4人家族の方でこれから平屋を検討中の方もいらっしゃると思います。
平屋とは2階部分が無く1階にすべての間取りが集結しており、4人家族でましてや子どもがいる場合に、快適に住めるのか不安に思うかもしれません。
今回は、なぜ平屋の人気が高まっているのかと、平屋づくりで失敗しないためのポイントをご紹介します。

□4人家族のファミリー層に平屋が人気な理由とは?

ワンフロアにすべての間取りが集結しているのをデメリットに感じるかもしれませんが、2階部分が無いことを除けばほぼデメリットは無く、むしろメリットが多いのです。
どのようなメリットがあるのかを2つ挙げていきます。

*コミュニケーションの取りやすさ

家族全員がワンフロアで生活することになるので、自然とコミュニケーションが取りやすくなるのがメリットです。
2階建てだと、家族が顔を合わせる間もなく2階に上がってしまい、コミュニケーションの機会が減ってしまう可能性があります。

平屋だと、部屋から出た際や帰宅の際などにリビングを通る設計にしやすいので、子どもとの接点を作りやすいです。
特に、年頃の子どもと親は会話が減ってしまうこともあるので、この設計の仕方はおすすめです。

*家事が楽になる

2階以上が無いので掃除や家事の手間が省けるのは、家事をする人にとっては大きなメリットになります。
階段の上り下りがないので、その分家事の手間が省けます。
特に洗濯物を2階に干しに行ったり、取り込みにいったりすることが無くなるので、かなり手間が省けることが予想されます。

□平屋で失敗しないためのポイントとは?

しかしワンフロアのみという設計であるため、適当に設計してしまうと後悔してしまうこともあるでしょう。
では、失敗しないためにはどこを意識するべきなのでしょうか。

1つ目は、将来のことも視野に入れておくことです。
今回は4人家族ですが、これから子どもをお考えの場合はさらに部屋を作っておく必要があります。
今の人数だけで考えていると、後で部屋が足りなくなって対応に追われてしまうからです。

他にも、子どもが独立した際に部屋をどうするかも考えておきましょう。
例としては、個室だった場所をリフォームして、リビングを広くすることが可能です。

2つ目は、実際に平屋を体感してみることです。
ワンフロアに間取りが集結している平屋のイメージがつきにくい人は、モデルハウス見学会などに行き、実際に確かめてみることをおすすめします。
どのような生活動線になるか、きちんとプライバシーはあるかなど、気づくことが多いのではないでしょうか。

□まとめ

4人家族に平屋が人気な理由と、平屋づくりで失敗しないためのポイントをご紹介しました。
家族とのコミュニケーションが取りやすく、家事が楽になりやすいことを踏まえると4人家族でも平屋はおすすめできます。
もちろんスペースの確保も重要なので、間取りを作る上で上記のポイントを意識してみてください。
松山市周辺で平屋をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

最近は、平屋の人気が高まってきており2階建てよりも平屋が選ばれるケースが増えてきています。
特に若者を中心に増えてきていますが、平屋にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
人気になっているということは、それなりの理由があるのでしょう。
今回は、平屋が人気な理由とそのメリットについてご紹介します。

□若者に人気な平屋、その理由とは?

平屋と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?
1階部分のみの平屋は、「住みにくいのでは?」と思うかもしれません。
実はそんなことはなく、2階建てには無い特徴もあるのです。
ここでは、人気の理由を挙げていきます。

*耐震性が高い

平屋は1階のみのワンフロアなので、マンションや2階建てに比べて耐震性が高い傾向にあります。
地震大国の日本では耐震性が重要になり、平屋は地震が来た際の安全面では安心できるでしょう。

*コスパよくマイホームを買える

坪単価の観点から見ると、2階建てより平屋の方が少し高くなってしまいます。
ただ、全体の費用で見ると平屋の方が費用を抑えられるのです。
なぜかというと、2階建ては1階部分と2階部分の設備費用が必要なのに対して、平屋は1階部分のみの設備費用で済みます。
それによるコストダウンでコスパよくマイホームを買えます。

*間取りを工夫できる

平屋は2階部分が無い分、間取りを工夫することが可能です。
例えば、「吹き抜け」を導入すれば、天井が高くなり、採光性や開放感が上がり、生活の快適性が上がります。

□平屋のメリットについて

ここからは平屋のメリットをいくつか挙げていきます。

1つ目は、上下階の移動が無いことです。
すべての間取りがワンフロアに集結しているので、何かをやりに上下に移動することがありません。

例えば、洗濯物を干したり取り込んだりするのもワンフロアで完結するので、かなり手間が省けるでしょう。
他の家事をするにしても、2階建てと比べてかなり楽になることが予想されます。

2つ目は、家族とのコミュニケーションが増えることです
例えば、家族の個室をリビングに接するような設計にすれば、帰宅時や部屋から出る際に必然とコミュニケーションが取れます。
家族との時間を大切にしたい方に最適ですね。

3つ目は、中庭を導入できる点です。
平屋の中心部に中庭を取り入れることで、日当たりも良くなり開放感アップに繋がるのでおすすめです。
中庭でバーベキューのようなアウトドアを楽しむのも良いですね。

□まとめ

平屋が人気な理由とそのメリットについてご紹介しました。
2階建てと比較して、平屋はメリットの多い住宅ですが、安易に決めずに2階建てとどちらが良いかをきちんと考えて決めることをおすすめします。
松山市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

このコロナ禍において、テレワークの需要が急激に増加しています。
それゆえ、テレワークの悩みも増えてきているという状況です。
今回は、テレワークによくある悩みと、テレワークを快適にする間取りについてご紹介します。

□テレワークでよくある悩みとは?

家で仕事ができるのはかなり便利だと思いがちですが、それなりに悩みがある方もいらっしゃるのです。
そんなよくある悩みをいくつかご紹介します。

1つ目は、環境面です。
テレワークとなると、長時間イスに座っていることが増え、必然的に身体への負担が増えます。
そのため、テレワークに適したイスが必要になります。

他にも、資料や書類を収納する棚やプリンターが必要な方もいらっしゃると思いますが、そのスペースが足りないケースもあるでしょう。
また、家族の生活音で中々集中ができないケースもあると思います。

2つ目は、ビデオをつける際の悩みです。
環境的に、どうしても家族が映り込んでしまう家庭もあると思います。
大事な商談やミーティングにおいて、家族やペットなどが映りこんでしまうとやりにくさがあるでしょう。
また、それによって家族が気を遣ってしまい、過ごしにくくなってしまうことも考えられます。

□テレワークを快適にするポイントについて

やはり家での仕事となると、オフィスで仕事をすることに比べて集中力に欠けてしまう方が多いでしょう。
そこで、快適にテレワークができるような間取りの作り方についてご紹介します。

*テレワーク専用のスペースを設ける

これから家を購入予定の方や、スペースに余裕がある方はテレワーク専用のスペースを作ることをおすすめします。
防音加工をした書斎や個室があれば、仕事をする際に緊張感をもって行えます。

スペースが限られているなどでそれが難しい場合は、パーテーションや仕切りなどを用いてスペースを区切るだけでも気分が変わるでしょう。

*スペース自体の快適性を上げる

どれだけワークスペースが取れていてもそこの居心地が悪ければ意味がありません。
長時間居ても苦ではないイスやデスクにしましょう。
高さや使い心地も自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

□まとめ

テレワークでよくある悩みと、それを快適にするためのポイントについてご紹介しました。
特にこれから家づくりをお考えの方は、ワークスペースとして書斎を設けておくことをおすすめします。
松山市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

こんにちは、住宅事業部の菅です😊

9月11日(日)新居浜市高木町にて上棟を行いました☆彡

雨が少し心配でしたが、降ることもなく

安全に上棟を行うことができました⛅

D様上棟おめでとうございます!(^^)!

たくさんの大工さん、職人さんによって1日でここまで建てるのはいつも凄いなと思います😢

図面上で見ていたお家が実際にかたちになると感動しますね。

改めまして、D様ご家族の皆様、誠におめでとうございます!

たくさんのお気遣いありがとうございました!

まだまだこれから打ち合わせが続いていきますが、楽しんでお打ち合わせしていきましょうね😏

私達も今から完成が楽しみです♪

平屋の購入をお考えの方で、ガレージを導入しようと検討している方もいらっしゃると思います。
1階のみにすべての部屋が集結している平屋にガレージを作るのは、工夫が必要です。
そこで今回は平屋にガレージを作る際の間取りと、そのメリットデメリットについてご紹介します。

□平屋にガレージを作る際の間取りはどうすれば良い?

例えば平屋とガレージが別々の場所であれば、間取りに影響することはありません。
しかし、平屋にガレージを導入するご家庭のほとんどは平屋とガレージが同じ建物内にあります。
こうなると、適切に間取り配置をしなければスペースが足りなくなってしまいます。
それを防ぐために、注意するべきポイントを挙げていきます。

1つ目は、居住スペースを優先することです。
ガレージの導入を考えている方は、まず居住スペースの間取り設計を優先的に行いましょう。
その後に、ガレージの間取りを確保することをおすすめします。

しかし、平屋はワンフロアに間取りが集結しているため、ガレージのスペースが無い可能性も高いです。
土地探しや間取り設計時点でガレージを導入できるほどの十分なスペースを確保しておきましょう。

2つ目は、車の振動や音を伝えないようにすることです。
平屋とガレージが同じ建物内だと、エンジン音や振動などが居住スペースにまで伝わる可能性が高いです。
そのため、できるだけガレージの近くにはリビングや寝室を配置しないことをおすすめします。

3つ目は、ガレージ内から家に繋がる入り口を設置することです。
例えば、買い物から帰ってきた際に、わざわざガレージから荷物をもって玄関まで行くのは面倒でしょう。
そのような時のために、ガレージ内から家に入れる入り口を作っておけば、そのまま家の中に入れるので便利ですよね。

□平屋にガレージを作るメリットデメリット

メリット1つ目は、愛車を守れる点です。
ガレージは建物内であるため、愛車を雨風や汚れから守ってくれます。
加えて、中でメンテナンスや洗車も可能なので、周囲に気を遣うことなく作業ができるのも大きなメリットだと言えます。

2つ目は、固定資産税が軽減される点です。
ガレージスペースが延床面積の5分の1以下であれば、その分の固定資産税が軽減されます。

デメリット1つ目は、シャッターについてです。
シャッターを手動式にして後悔する方が多いのですが、理由としては車の出し入れごとにシャッターを手で開け閉めするのは非常に面倒といえるでしょう。
そのため、電動式シャッターがおすすめなのですが、少しコストがかかるのが難点です。
しかし、今後の手間を考えると電動式がおすすめと言えるでしょう。

2つ目は、車庫の大きさです。
やはりスペースが限られることが予想されるので、車を運転する家族が書庫入れしやすいスペースを取れない可能性があります。

普段から運転に慣れているご主人が車庫入れができても、慣れていない奥様だと難しいということもあり得ます。
そのため、できるだけ余裕をもったガレージスペースを確保しておきましょう。

□まとめ

平屋にガレージを導入する際の間取りについてと、そのメリットデメリットについてご紹介しました。
居住スペースを優先しつつ、できるだけガレージにも余裕を持つことを意識しましょう。
松山市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

家づくりをする際に決めることはたくさんあるでしょう。
その中でも最低限決めなければならない部分はもちろんですが、プラスアルファでオプションを追加することもあると思います。
今回は、このオプションでおすすめの「吹き抜け」に焦点を当ててご紹介します。

□吹き抜けのメリットについて

吹き抜けとは、1階から最上階までが繋がっている構造のことです。
つまり下から上まで繋がっているので、かなり天井が高いのが特徴です。
そんな吹き抜けのメリットを4つ挙げていきます。

1つ目は、部屋全体が明るくなりやすい点です。
例えば、2階に窓を設置するとそこから日光が入り込み、吹き抜けを伝って家全体に日光が伝わりやすくなります。
そのため、普段から明るくなり、電気をつける機会が減るので電気代の節約に繋がります。

2つ目は、開放感があることです。
吹き抜けの特徴として、天井が最上階にしかないので、その分開放感があります。
さらに、吹き抜けを導入すると壁が減るのでさらに広く感じられるでしょう。

3つ目は、コミュニケーションが取りやすい点です。
吹き抜けは階ごとに区切られておらず、繋がっている状態なのでコミュニケーションがとりやすくなります。
よって、どこに居ても会話が可能なので必然と会話が増えることが予想されます。

4つ目は、おしゃれな家になる点です。
吹き抜けは特殊な構造なので、おしゃれに見せることも可能です。
例えば、照明を工夫したりセカンドリビングを設置してみたりすると、よりおしゃれな内装になるでしょう。

□吹き抜けを導入する際のポイントとは?

もちろん吹き抜けは導入して終わりではなく、注意するべきポイントがあります。
ここでは、注意するべきポイントを2つご紹介します。

*メンテナンス対策をしておく

先ほども述べたように、吹き抜けは天井が高いので照明の入れ替えが大変になってしまいます。
そこで、照明の寿命が長いものにしておくことで、入れ替えのスパンを長くしておきましょう。

加えて入れ替える際の対策として、電動昇降が可能な器具を導入することもおすすめします。

*においや騒音対策をしておく

従来の家に比べて開放感があるため、その分音やにおいが伝わりやすい可能性があります。
いくら家族同士といっても、プライバシーは守りたいものですよね。
そこで、ドアや部屋の壁を防音性の高いものにしたり、吹き抜け部分に換気扇や窓を取り付けることで対策が可能です。

□まとめ

家づくりにおける吹き抜け導入のメリットとポイントをご紹介しました。
吹き抜けによって、家の開放感アップだけでなく家族同士のコミュニケーション向上に繋がるのでかなりおすすめです。
松山市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

対面キッチンを取り入れている方で、収納についてお困りの方はいらっしゃいませんか。
対面キッチンはダイニングと向かい合っているキッチンのことで、工夫すれば収納はつくり出せます。
今回は、背面収納に焦点を当てて、その例とポイントをご紹介します。

□キッチンの背面収納とその種類について

背面収納は大きく分けて2種類あります。

1つ目はキッチン内の背面収納です。
具体的に言うと、キッチンに立った際に後ろ側に来る収納のことです。
ここを有効活用することで、収納スペースを大幅に増加させられ、加えて料理や洗い物などに使うスペースの確保にもつながります。

2つ目は、ダイニング側の収納です。
ダイニングとキッチンの間にあるもので、イメージとしてはキッチン本体の裏にあるものと思ってください。
ここも有効活用することで、見た目もおしゃれに仕上げられます。

続いて背面収納のタイプについてご紹介します。

*二型(カウンタータイプ)

特徴としては、カウンタースペースが広くなるため、複数人で作業する際や、配膳する際も楽にできます。
カウンターの上には、収納物だけでなく家電も置けるのが特徴です。

*コ型(多機能タイプ)

特徴としては収納棚が広めなので、食器類を取りやすい位置にでき、さらに多めに収納できます。
そのため、配膳がスムーズに進むのが利点です。

*大型(収納特化タイプ)

こちらは、食器類はもちろんのこと、食品や小物まで収納できるスペースを持ち合わせています。
配膳や作業には向きませんが、その分収納に回せるのが利点ですね。

□キッチンの背面収納を選ぶ際のチェックポイントとは?

便利だとは言いつつも、適当に選べば後悔してしまうでしょう。
そこで収納を選ぶ際のチェックポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は、レイアウトを動かしやすいかどうかです。
特に、家事をする際に邪魔にならないかを考えて設置する必要がありますが、レイアウト自体を動かしやすい方が使い勝手が良いですよね。

2つ目は、必要な機能がついているかどうかです。
例えば、調理用の家電を多めに置こうと考えている方は、コンセントの数を調整する必要があります。
他にも、子どもがケガをする可能性を考えた機能を付けるなどして、ライフスタイルに合わせた設計にしましょう。

3つ目は、これから増える予定の収納物についてです。
現在の食器類だけの収納力では、今後食器類が増えた際に収納できない可能性があります。
そのため今後食器や調理用家電を増やす機会があるなら、その分の収納量を確保しておきましょう。

□まとめ

対面キッチンの背面収納についてご紹介しました。
みなさんのライフスタイルに合わせて、ぜひ対面キッチンに背面収納を取り入れてみてください。
松山市周辺で、注文住宅をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

注文住宅、特に戸建てをお考えの方で、オプションをどうしようかと悩まれている方もいらっしゃると思います。
注文住宅には様々なオプションを付けられますが、そもそもどのようなオプションがあるのかわからない方に向けて、おすすめのオプションをご紹介します。

□おすすめのオプションとは?

みなさんに「選んで良かった」と言っていただけるような、おすすめのオプションを挙げていきます。
ぜひ参考にしてみてください。

1つ目は、掃除がしやすい床や壁です。
こちらは浴室の床と壁ですが、もちろんデザインにこだわるのも良いですが、掃除がしやすい素材に変えられるならぜひ変えることをおすすめします。

ちなみにですが、カビが生えにくい素材や、水はけのよい素材もあるのでこれらもおすすめです。
このように浴室の掃除がしやすいと、時間がかからないのでストレスなく生活できますね。

2つ目は、タンクレストイレです。
トイレの上についているタンクが無いので、トイレの空間を広々と取れます。
しかしタンク上で手を洗えないため、トイレを洗面所近くに設置するか、トイレ内に手洗い場をつける必要がある点に注意しましょう。

3つ目は、床暖房です。
こちらは人気のオプションで、特に冬の寒い時期におすすめです。
床暖房をつけることで、ストーブやエアコンの使用頻度を減らせるため、電気代も節約できます。

□オプションを選ぶ際のポイントとは?

ここからは、オプションを選ぶうえで注意するべきポイントをご紹介します。

1つ目は、そのオプションが費用に見合っているかです。
すべてのオプションが割にあっているわけではありませんし、自分に必要とも限りません。
そこで、そのオプションが本当に自分に必要なのかを確認しておきましょう。

2つ目は、デザインが良いかどうかです。
オプションの効果に着目するのはもちろんですが、デザインが気に入らないものを無理に取り入れる必要もないでしょう。
デザインを重視する場所、機能性を重視する場所をしっかりと区別していきましょう。

3つ目は、予算内におさまっているかどうかです。
オプション料金ばかりに気を取られるのは危険です。
きちんと全体の料金を考慮したうえで、予算内に収まっているかを確認することをおすすめします。
予算オーバーしてしまう場合は、できるだけオプションの方から削るようにしましょう。

□まとめ

戸建てにおけるおすすめのオプションをご紹介しました。
オプションは、どこに何が必要かをきちんと考えたうえで取り入れましょう。
松山市周辺で戸建て、注文住宅をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

注文住宅をお考えの方、2階建て以上の住宅以外にもおすすめの選択肢があることをご存じですか。
それが「平屋」です。
平屋とは1階部分のみの建物のことですが、2階建てと比べてどう変わるのかでしょうか。
今回は平屋のメリットやデメリットと、玄関の向きにも着目してご紹介します。

□平屋のメリットデメリットとは?

2階建て住宅がポピュラーな中、平屋が選ばれる理由はどこにあるのでしょうか。
平屋のメリット、デメリットを通して、平屋に向いているかどうかをぜひ検討してみてください。

*平屋のメリット

1つ目は、生活動線が良いことです。
先ほども述べたように、1階部分のみにすべての部屋が集結しているので、その分動きやすさを重視した設計になっています。

生活動線とは、生活するうえで移動するルートを線に表したものです。
1階部分のみということは上下移動がないので、家事がしやすい、移動がしやすい設計にできるのです。

2つ目は、家族同士でのコミュニケーションが取りやすい点です。
ワンフロアで生活が完結するので、家族と顔を合わせることが増え、その分コミュニケーションが増えるでしょう。
2階建てだと、子どもが帰宅してすぐに2階に上がってしまい思うように会話ができないこともあるでしょう。

*平屋のデメリット

1つ目は、比較的広い土地が必要な点です。
ワンフロア設計なので、すべての部屋をおさめきれる土地の広さが必要になります。
そのため土地選びの段階から広さを考慮しておく必要があります。

2つ目は、日当たりや風通しです。
高さが無いので、近くに高いビルがあると日当たりや風通しが悪くなってしまうことが考えられます。
そこで意識すると良いのが、玄関の向きです。
もちろん窓の位置や数も重要ですが、次は玄関の向きの関連性について述べていきます。

□玄関の向きは南向きがおすすめ?日当たりや風通しとの関連性は?

玄関を南向きにすることで得られる最大の恩恵は、日当たりが良くなることです。
特に、南側に遮蔽物が無く、道路に面しているとなお良いです。
しかし、注意しておかなければいけない点は、夏も日差しが良いため非常に暑くなる点です。
建物の断熱性能を見直してみても良いかもしれません。

加えて、リビング側が暗くなってしまう可能性もありますが、そこは窓を増やすといった対策を行うことで解決できるでしょう。
このような点も考慮しつつ、平屋をお考えの方は、ぜひ玄関の向きを南向きにしてみましょう。

□まとめ

平屋のメリットとデメリット、そして南向きの玄関がおすすめの理由をご紹介しました。
注文住宅をお考えの段階の方は、ぜひ平屋をご検討してみてください。
松山市周辺で、平屋の購入をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

これからご結婚を控えている方で、家を買うタイミングを迷っている方がいらっしゃると思います。
一般的に、結婚後すぐに家を買うのが良いと言われていますがはたして本当なのでしょうか。
今回は結婚後に家を買うのはベストタイミングなのかについてご紹介します。

□結婚後すぐに家を購入するメリットとデメリットとは?

メリットから挙げていきます。

1つ目は、家具家電を好きなものに揃えられる点です。
賃貸だと、広さや数に気を遣いながら購入しなければならなくなります。
対して持ち家だと、好きな大きさの家具を購入できますし、ある程度広さが保証されているので数も増やせます。

2つ目は、費用面です。
賃貸に支払う分の家賃を、自身の持ち家の家賃やローンに充てられます。
特に、結婚直後というお金が必要な時期に大きなメリットになりうるでしょう。

3つ目は、住宅ローンが早く完済できる点です。
早い時期にローン返済が始まるため、その分完済時期も早まります。

デメリットを挙げていきます。

1つ目は、離婚をしてしまう可能性です。
特に結婚後5年以内の離婚率が多いそうです。

2つ目は、転勤になってしまった場合です。
職場で転勤を命じられ、家との距離が遠くなってしまったり、単身赴任をすることになってしまったりすると、家を買っているので家族で引っ越しは難しいかもしれません。

3つ目は、ライフスタイルが変化する場合です。
予定していたより子どもの人数が増えてしまったり、親との同居でライフスタイルが変わってしまったりする可能性があります。

□結婚後期間を空けてから家を買う場合のメリットデメリット

では、結婚直後に比べて、結婚後に期間を空けてから家を買うのにはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

メリット1つ目は、ライフスタイルが確立しているので、用意周到に準備ができる点です。
ある程度何人で住むかといった予定を立てやすいのは大きなメリットでしょう。

2つ目は、貯金をある程度頭金に回してローンを減らせる点です。
少しでもローンを抑えるに越したことはありません。

デメリット1つ目は、学生の子どもがいる場合、学校の関係で選べる土地が限定されてしまう点です。
特に学区制限があると土地選びも難しくなってしまいます。

2つ目は、貯金が難しくなる可能性がある点です。
ローンの返済が多く、他の生活費でいっぱいで貯金が思うようにできなくなることも考慮しましょう。

□まとめ

結婚後に家を買うことについてご紹介しました。
結婚後すぐに家を買うか、期間を空けてから家を買うかのタイミングは、自分たちの生活に合わせて決めましょう。
松山市周辺で注文住宅をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

住宅の断熱を行う上で、断熱性能と同じくらい重要な要素をご存じでしょうか。
それが「気密性」です。
気密性が高いということは、その分家の隙間がなく密着しているということです。
今回は、なぜ気密性が重要なのかに焦点を当てて解説していきます。

□気密性が必要な理由とは?

それではまず、なぜ気密性が重要なのかを挙げていきます。

理由の1つ目は、省エネに繋がるからです。
気密性が低い場合、夏は非常に蒸し暑くなり、冬は寒くなってしまうといったデメリットが発生します。

加えて、エアコンの効きが悪くなってしまうため、さらにエアコンを稼働させることにより電気代がかかってしまいます。
そのため気密性を高めることで、エアコンが効きやすくなり省エネになるという仕組みです。

2つ目は、断熱効果の低下を防止できるからです。
気密性が低いということは、つまり隙間が広いのでそこに風が入り込んできます。
せっかく断熱性能が高くても、風が入り込んでしまうとなると、例えば冬だと風が冷えているので結局室温が下がってしまいますよね。

3つ目は、内壁が濡れるのを防止できるからです。
家の中は、外との温度差があるため湿気が溜まりやすい特徴を持ちます。
そのため、隙間があるとそこから内壁や床に湿気が流れてしまい、それが原因でカビが発生してしまいます。
気密性を高めることで湿気が漏れ出すことを防げます。

□気密性と断熱性が高い住宅のメリット

ここからは具体的なメリットを挙げていきます。

1つ目は、室温が変わりにくい点です。
気密性はもちろんですが、そもそも断熱性が高くないと外気温の影響をもろに受けてしまいます。
これら2つが高いと、例えば夏の暑い日差しから守ってくれますし、冬も寒い外気温の影響を受けづらいです。

2つ目は、エアコンの効率が上がることによる省エネです。
こちらは先ほども述べましたが、エアコンの効きが良くなることで、無理に動かす必要がなく電気代の節約に繋がります。

3つ目は、ヒートショックを防げる点です。
ヒートショックとは、温かい場所から寒い場所に移動した際に、その急激な温度変化による心臓や血管への負担の影響でショック状態に陥る症状です。
最悪の場合命にも関わるもので、特に入浴を終えて洗面所へ出た際に多いようです。

断熱性、気密性が両方高いと室温の大幅な変化はなく、ある程度保たれているので、ヒートショックを防げることが予想されます。

□まとめ

断熱性だけでなく、なぜ気密性も重要なのかという点についてご紹介しました。
これら2つを兼ね備えることで、非常に快適な住宅にできることでしょう。
松山市周辺で、注文住宅の断熱工事をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。
気密性にもこだわった快適な家づくりを目指しています。