注文住宅を建てるなら、家族みんなが暮らしやすい住まいを実現したいですよね。
そこでぜひ知っていただきたいのが、高気密高断熱住宅です。
名前は聞いたことがあっても、どのような住宅なのか分からない方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、高気密高断熱の家がどのようなものなのか、メリットと合わせてご紹介します。

□高気密高断熱の家とは?

高気密高断熱の家とはどのような家なのか、高気密と高断熱それぞれについて解説します。

まず、高気密の家についてです。
これは、防湿シートや気密テープなどを使用して、家のいたるところに隙間がなくなるようにした家のことです。
隙間ができる場所としては、壁や床、天井、窓枠があげられます。

一見隙間がないように見えても、目に見えないレベルの隙間が空気の出入りを許してしまいます。
室内に入り込んでしまった空気のせいで、エアコンや暖房が効きづらくなってしまうため、気密性はとても大切です。

次に、高断熱の家についてです。
これは、壁の間に断熱材を入れて、断熱性能を高めた家のことです。
断熱性能を高めることで、室温が夏に上がることや、冬に下がることを防げます。

これら2つを組み合わせることで、両方の効果が発揮されます。

□高気密高断熱住宅のメリットとは?

高気密高断熱の家がどのようなものなのかご理解をいただけたかと思います。
次に、高気密高断熱住宅のメリットを5つご紹介します。

1つ目は、夏も冬も快適に過ごせることです。
先ほどもご説明したように、高気密高断熱住宅は外の温度の影響を受けにくいです。
そのため、1年を通して快適に暮らせるのが魅力的ですね。

2つ目は、冷暖房費の節約ができることです。
外の温度の影響を受けづらいということは、冷暖房の使用頻度を減らせます。
そのため、毎月の冷暖房費用を大幅に抑えられます。

3つ目は、ヒートショックの危険性が減少することです。
部屋ごとの温度差は、心臓や血管に負担がかかります。
高気密高断熱住宅では家全体の温度を一定に保てるため、このような負担によって起こるヒートショックのリスクが減少します。

4つ目は、換気の効率が良くなることです。
2003年から設置が義務付けられている「24時間換気システム」を導入するためには、気密性が重要です。
気密性を高めることで、常にキレイな空気を取り入れられます。

5つ目は、防音効果が高いことです。
高気密高断熱住宅は、空気だけでなく、音が漏れるのも防ぎます。
また、断熱材は音を吸収します。
小さなお子様がいるご家庭や、外の音を気にせず生活したい方におすすめですね。

□まとめ

今回は、高気密高断熱住宅について、そのメリットをご紹介しました。
たくさんのメリットがあることをご理解をいただけたかと思います。
ぜひこの記事を参考に、注文住宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。

家づくりをご検討中の方の中には、パッシブデザインについて気になっているという方もいらっしゃいますよね。
名前は聞いたことがあっても、詳しくは知らないという方が多いでしょう。
そこで今回は、パッシブデザインとは何か、どのような家なのかについて解説します。
ぜひお役に立ててください。

□パッシブデザインとは

まず、パッシブデザインとは何かについて解説します。

パッシブデザインとは、太陽や風などの自然の力によって快適で省エネな住宅をつくるためのデザインのことです。
パッシブには、「受動的」「抵抗しない」といった意味があります。
建物の在り方を工夫することで、自然エネルギーに逆らわず、最大限に活用するわけですね。

また、パッシブデザインには5つの定義があるため、次にご紹介します。

□パッシブデザインの定義とは

次に、パッシブデザインの定義を5つご紹介します。

1つ目は、断熱性能です。
家全体の断熱性能を高めることで、家のどこにいても快適に過ごせるようにすることが原則にあります。
そのためには、屋根や壁、基礎、窓に工夫を施すことが大切です。
また、断熱性能にはUA値やQ値などの基準が存在し、そこに収めるための工夫が必要です。

2つ目は、日射遮蔽(にっしゃしゃへい)です。
これは、窓ガラスから侵入する太陽光や熱をコントロールすることです。
夏場は太陽光が入りすぎるのを防ぎ、冬場はたくさんの太陽光を取り込めるように工夫するのがパッシブデザインの考え方です。

3つ目は、自然の風です。
夏場には、自然の風を受けることで快適だと感じる方も多いですよね。
夏場の風の方角を把握して、窓の位置や間取りを工夫するのもパッシブデザインの考え方です。
建物内の余計な熱を逃がすことで、涼しく過ごせるようにする狙いもあります。

4つ目は、昼光です。
昼間に照明を使わず、太陽光だけで過ごせるように工夫するのもパッシブデザインの重要な考え方です。
こちらは、光熱費を抑えることにつながりますね。

5つ目は、日射熱利用暖房です。
冬場、昼のうちにたくさんの太陽の熱を取り込み、それによって得た熱を夜まで持続する工夫もパッシブデザインの考え方です。
取り入れた太陽の熱を逃がさないようにするためには、断熱性能も大切です。

□まとめ

今回は、パッシブデザインの定義についてご紹介しました。
家づくりの際、パッシブデザインを取り入れて、快適な暮らしを手に入れてみてはいかがでしょうか。
ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

注文住宅におけるアフターサービスの重要性をご存知ですか。
アフターサービスが付いていないと維持費が余分にかかったり、小さな不具合に気づきにくくなったりします。
しかし、当社ではお引渡し後に無料の定期点検があるため、安心していただけます。
そこで今回は、アフターサービスについて詳しくご紹介します。

□アフターサービスが付いていないことで生じる問題とは

アフターサービスが付いていないと後々大きな問題が生じる可能性があります。
ここでは、その問題の例を3つご紹介します。

まずは、責任の所在がはっきりしないことです。
保証がないと修繕する際の相談先がはっきりせず、責任の所在があいまいになることが多いです。
そのため、施工業者に尋ねても販売会社への連絡を促されたり、販売会社に連絡してもお客様自身での対応を求められたりするでしょう。
このように、たらい回しにされる可能性が高いです。

次は、維持費が余分にかかることです。
メンテナンスや点検は、アフターサービスがあれば割安に抑えられます。
しかし、サービスがなければ費用は全額自己負担です。

最後は、小さな不具合に気づきにくくなることです。
アフターサービスの定期点検により、小さな修繕箇所が見つかることも多いです。
また点検をせずにいると、小さな不具合に気づかず修繕箇所が広がる原因にもなります。
それにより、工事の費用や時間がかかったり、生活に支障が出たりするでしょう。

□当社のアフターサービスについて紹介します!

当社ではお引き渡し後、6ヵ月、1年、2年、5年、10年、15年で無料定期点検を実施しています。
その際に普段の生活では見えない基礎や配管、外壁、換気装置や内部設備まで点検します。
また、お困りのことなどもヒアリングして、対処法や適切なアドバイスもさせていただきます。
それにより、家が傷みだす前に手入れをしたり、メンテナンス費用も抑えられたりするので、長く安心して暮らせます。

その他にも当社では以下の保証や保険が付いています。

・工事完成保証
・地盤保証
・住宅瑕疵担保責任保険
・安心住宅サポート24時間

□まとめ

今回は、アフターサービスについて詳しくご紹介しました。
アフターサービスが付いていないと小さな不具合に気づきにくくなったり、維持費が余分にかかったりします。
しかし当社では、アフターサービスが充実しているため安心でしたね。
当社ではお客様のご希望の住宅を実現させていただきます。
ぜひお問い合わせください。

家づくりをする方にぜひ知っていただきたいのが、スーパーウォール工法についてです。
名前は聞いたことがあっても、どのような工法かは知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、家づくりをする方に向けて、スーパーウォール工法について詳しくご説明します。
ぜひお役に立ててください。

□スーパーウォール工法とは

スーパーウォール工法とは、壁や床、天井が一体化した箱型を構成する住宅の工法です。
これをモノコック構造と言います。
航空機や自動車から発達し、大きな外圧にも耐えるという特徴があります。

安心して生活するためにも、地震や台風への対策はしっかりと行いたいですよね。
スーパーウォール工法では、外圧が建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮するのが魅力です。

また、当社では耐震・断熱仕様を採用しています。
「制震スーパーウォール」で施工した住宅は、本震だけでなく余震にも強いです。
スーパーウォール工法の住宅をお考えの際はぜひ当社にご相談ください。

□スーパーウォール工法のメリットとは

スーパーウォール工法がどのようなものかをご理解いただけたかと思います。
次に、スーパーウォール工法のメリットを5つご紹介します。

1つ目は、暑さや寒さに強いことです。
断熱性能が高いパネルを住宅全体に使用することで、暑さや寒さに強い住まいを実現できます。
気密性が高いため、隙間からの冷気や熱気を防いでくれます。
冷暖房をつけることでかかる光熱費を削減できるのはとても魅力的ですよね。

2つ目が、温度差が少ないことです。
断熱性に優れているため、部屋ごとの温度差が少ないのも大きなメリットです。
ヒートショックによる健康被害を防げるのは高齢の方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭に安心ですよね。

3つ目は、地震や台風に強いことです。
先ほどご説明したモノコック構造は、地震や台風などの外力に強いです。
そのため、地震や台風で倒壊するのを防ぎます。

4つ目は、品質のばらつきが少ないことです。
この工法で使用するパネルは、一軒ごとに合わせて作られます。
そのため、品質管理が行き届いており、施工ミスが起こりづらいのも魅力です。

5つ目は、音漏れがしにくいことです。
スーパーウォール工法は、隙間が少ないため、断熱性に優れているだけでなく、音漏れを防ぐのにも有効です。
幹線道路が近い土地や、家族の生活時間にばらつきがあるご家庭でも安心ですね。

□まとめ

今回は、家づくりをご検討中の方に向けて、スーパーウォール工法についてご紹介しました。
構造や多くのメリットが明確になったのではないでしょうか。
ぜひこの記事を家づくりの際の参考にしていただければ幸いです。

これから注文住宅を建てようとお考えの方は、耐震性について気になりますよね。
安心して暮らすためにも、耐震についてしっかり知っておくことが大切です。
そこで今回は耐震住宅のメリットなどについて解説します。
ぜひお役に立ててください。

□耐震は地震の備えとして重要です!

耐震の意味を確認しておきましょう。
耐震とは、地震に耐えることです。
住宅の多くは、壁に筋交いを入れるなどの工夫をする耐震工法が施されています。
この耐震工法は、地震への備えとして一般的な構造です。

では、耐震工法を施した耐震住宅の構造を解説します。
地震の力は主に床や屋根に加わります。
そのため、耐震性を高めるには、床や屋根などの建物の基礎となる部分をしっかりと作ることが重要です。
耐震住宅は、建物を筋交いや構造用合板、金具などによって補強することで、建物の基礎の耐震性を高めています。

特に筋交いを入れる場合は、補強材の組み方によって強度や費用が異なります。
「片方組み」や「たすき掛け」などがありますね。
どの方法を採用するのか、よく検討しましょう。

また、壁の補強の際は、適材適所での補強が大切です。
効果を最大限に発揮するためにも、私たち専門家とよく話し合いましょう。
お困りの際はお気軽に当社にご相談ください。

□耐震住宅のメリットをご紹介します!

耐震性を高めた耐震住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
4つのメリットをご紹介します。

1つ目は、最も一般的な性能であることです。
現在の建築基準法に従って建てるため、ほぼすべての注文住宅が耐震住宅です。
そのため、追加費用がかからないことが多いでしょう。
対応している会社も多いため安心ですね。

2つ目は、激しい地震から住宅を守れることです。
最も低い耐震レベルである耐久等級1でも、震度7の地震が起きても倒壊しません。
さらに安全性を求める場合は、耐震等級3だと安心ですね。

3つ目は、設置制限がないことです。
耐震住宅は、地下室が設置できます。
このように設計の自由度が高いこともメリットの1つだと言えますね。

4つ目は、地震だけでなく台風にも強いことです。
揺れに強いため、強風や台風からも住宅を守ってくれます。
台風が多い地域でも安心ですね。

□まとめ

今回は、耐震住宅の構造やメリットをご紹介しました。
安心で安全な暮らしを手に入れるために、耐震住宅をご検討してみてはいかがでしょうか。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社にご相談ください。

注文住宅をお考えの方にぜひ検討していただきたいのが、長期優良住宅です。
長期優良住宅にすることで、長く安心して暮らせます。
また認定基準として、劣化対策や耐震性、メンテナンスのしやすさなどが挙げられます。
そこで今回は、長期優良住宅の基本的な情報と認定基準をご紹介します。

□長期優良住宅とは

長期優良住宅をご存知ですか。
長期優良住宅とは、国が定めた「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアした住宅のことです。
これには、メンテナンス性の確保や高い断熱性、居住環境への配慮などが含まれます。

この認定制度は2009年に始まり新築を対象としています。
また7年後の2016年には、リフォームなどの中古住宅を増築した場合でも適用されるようになりました。

□長期優良住宅の認定条件について

長期優良住宅には様々な認定条件があります。
ここでは、その主な条件を5つ紹介します。

1つ目は、劣化対策です。
住宅の外壁や内装は劣化しやすいので、途中でリフォームすることが前提になっています。
例えば、鉄筋コンクリートの場合は、コンクリートのかぶりを厚くするためにセメントを濃くします。

また、木造の場合は点検口を屋根裏や床下に設置します。
さらに床下の高さを330ミリメートル以上にします。

2つ目は、耐震性です。
耐震性は、めったにないほど大きな地震が起きても基本的に損傷が少ないことが求められます。
少しはクラックが入る可能性はありますが、構造的には問題はありません。
そのため、補修すれば暮らせるような強い住まいを実現します。

3つ目は、メンテナンスのしやすさです。
基本的に設備や内装は10年から20年ほどで劣化します。
10年や20年はまだまだ先だと思うかもしれませんが、確実にメンテナンスをする日はやってきます。
その際に、簡単にメンテナンスをできるのかは重要なポイントです。

4つ目は、バリアフリー対策です。
出入り口や廊下の幅を車椅子が通りやすいように広めに設けると良いですね。
将来的にバリアフリー構造のリフォームに対応できるように、現時点から計画しておきましょう。

5つ目は、省エネです。
気密性や断熱性はとても重要です。
これらは住み心地や家計にも大きな影響を与えます。

□まとめ

今回は、長期優良住宅の基本的な情報と認定基準をご紹介しました。
長期優良住宅にすることで、日々の生活が快適に送れます。
また長期優良住宅には、劣化対策や耐震性、メンテナンスのしやすさなどの認定基準があります。

注文住宅にお悩みの方には、当社が最適なご提案をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

こんにちは!さえきです(^^)

HPリニューアルから初めてのブログ投稿!

なかなか慣れなくて時間かかってしまいました(;^_^A

これから少しずつ皆様へ近況をお伝え出来ればと思います!

そんな昨日、今治で地鎮祭を行いました(^O^)/

連日雨が続いていましたが、昨日はとっても良い天気で地鎮祭日和♪

吹揚神社様に納めていただきました。

お子様も少し眠たくて大変だったと思いますが、頑張ってくれました(>_<)

ありがとうございます!

今回はYuRi建築設計舎様とのコラボなんです!

地元のYuRi建築設計舎様の性能+デザインと、弊社の性能に関してご興味を持ってくださったお施主様のおかげで実現するこちらのお家づくり。

7月後半から着工です!ワクワクします~( *´艸`)

こちらのお家はパッシブデザインにも配慮し、敷地ではなく、南面に対して平行にお家を配置しております。

その配置の取り方や外観のデザインから、とっても目立つ素敵なお家になりそうで楽しみです!

またお伝え出来ればと思います(^^)

YuRi建築設計舎様が一眼レフカメラを装備。

方やわたしは、20時以降はLINE通知を気が向いた時にしかしてくれなくなるスマートフォンを装備。

一生懸命撮りました!(@_@)